ロシアンブルーの特徴から見るキャットフードの選び方

繊細な性格のロシアンブルー。

日常のふとしたきっかけからストレスを感じて、体調の変化を引き起こすことがあります。

そんなロシアンブルーに合うキャットフードとは?おすすめしたいキャットフードや、特徴や体質からキャットフード選びのコツについてまとめていきたいと思います。

体質から考える

神経質でストレスをためやすいので良質のキャットフードを与え続けていきたいですね。

 

性格から考える

他の猫に比べると警戒心が強いので気に入ったキャットフードを長く与えるのがいいでしょう。

 

体格や被毛から考える

体格は手足もしっぽも長く引き締まっていて細くて無駄のない筋肉と骨格をしています。被毛は2重の分厚い被毛になっており、細く滑らかな毛質をしています。その綺麗な体を食事で維持してあげるために高タンパク質の食事が必要になります。高タンパク質、低脂質でビタミンやミネラルなどが良質なものが摂れるキャットフードや食事を与えてあげてください。

 

遺伝性の病気から考える

特に遺伝性の病気を持っていないためその点は気にしないでいいでしょう。ほかの飼い猫と一緒で肥満や腎臓病にならないようカロリーの与えすぎや水分をしっかりとることをおすすめします。

腎臓病の猫ちゃんにおすすめの食事療法はこちら

 

ロシアンブルーにおすすめのキャットフード

ロシアンブルーにイチオシのキャットフード「カナガン」
 一般的に多く出回っているキャットフードは安く作ろうとするため原料も安い物ばかりを使っていましたが、
カナガンはしっかりとタンパク質・脂質・炭水化物の配合量を見直しているのでロシアンブルーが食べる食事に最適です。
その為良質で高タンパクな栄養をしっかりと摂れるようになっており、
グレインフリーなのでアレルギーや消化不良などのリスクを徹底的に少なくしています。

 

 

ロシアンブルーの歴史

ロシアンブルーはロシアで自然に繁殖した自然発生種で別名アルハンゲルキャットとも呼ばれていました。
これはロシアにアルヘンゲル島で自然繁殖したという説と、アルハンゲルリスクという港から連れてこられたという説があります。

第二次世界大戦中には数が減ってしまい絶滅の危機に陥ったがイギリスやアメリカでブリティッシュブルーやシャムネコなどと配合をして、
血統を守る事ができることができました。

ロシア皇帝やビクトリア女王などにも愛されていた猫で気品があり美しい姿から猫の愛好家の中でも頻繁に繁殖をされていました。

 

ロシアンブルーの特徴

ロシアンブルーは短い毛の短毛種で名前にもついているブルー(実際の見た目はグレー)が特徴があります。
被毛は2重の分厚い被毛になっており、細く滑らかな毛質をしています。
アンダーコートと呼ばれる皮膚に近い毛はシャンプーでは濡らす事ができないほど密集していて寒さに強い毛をしています。
光の加減によっては銀色に輝くほど綺麗な色の毛をしているのでその被毛の綺麗さから人気があります。

目はラウンド型と呼ばれる大きな目をしていて耳は綺麗にとがっています。
頭から首筋にかけてすらっとしている姿はコブラのようでコブラヘッドなどと呼ばれています。
顔は小さく目は大きいのでとてもかわいらしい顔をしていて口元が笑ったように上がっているのでロシアンスマイルなどと呼ばれています。
手足もしっぽも長く引き締まっていて細くて無駄のない筋肉と骨格をしています。
モデルのようにすらっとしている中型のフォーリンタイプの猫です。

 

ロシアンブルーの性格
性格はおとなしく、鳴き声も静かです。
飼い主への忠誠心が強くいう事を聞いて尽くすことから犬のような猫という性格をしています。
人見知りな部分があるので警戒心があり仲良くなるまでに時間がかかる事もあります。
鳴き声はか細い声でなき、ほとんど鳴く事がないのでボイスレスキャットなどとも呼ばれています。
毛並みもよく体臭や口臭がほとんどないので毛の手入れの手間もかからず、飼いやすい猫と言えるでしょう。

 

ロシアンブルーの飼い方
細くてスタイルの良い体をしているので運動を良くします。
その為おもちゃやキャットタワーなどは用意してあげるといいと思います。
飼い主と認めた人には忠誠心がある猫なのでしっかりと遊んであげると喜びます。
知らない人がきても警戒して遊ぶことはしないので注意して下さい。

ロシアンブルーは被毛が2重構造になっていて毛の密集率が他の猫よりも高くなっています。
その為、寒さには強いのですが、暑さには弱い一面があります。
また、飼い主には忠誠心がありますが、見知らぬ人への警戒心は高いので、
慣れてない人を家の中に入れるときにはストレスにならないようにしてあげてください。

ロシアンブルーの価格
ロシアンブルーの平均価格は20万円前後です。
購入先などによって価格はかなり変わりますが、猫の中でも比較的安定している価格です。
安い所だと10万円弱、高い所でも20万円台でですのでそこまでの価格差はありません。

ロシアンブルーの平均体重
ロシアンブルーの平均体重は、

オスが4.5~5.5kg
メスが2.5~4kg

ほどです。
全体的に細身の体をしているので比較的痩せているのが特徴です。

ロシアンブルーの平均寿命
ロシアンブルーの平均寿命は12歳ほどで、
普通の猫にくらべると若干短くなっています。

しかし健康的な生活をしていれば17~18歳まで生きる事もありますので、
毎日の食事や運動をしっかりと管理してあげるといいでしょう。

ロシアンブルーかかりやすい病気
ロシアンブルーは遺伝性の疾患などはかかりづらい品種だといわれています。
しかしストレスを抱えやすい性格をしているのであまり知らない人を頻繁に招いたり
他の動物などと一緒に飼うことなどをするとストレスを感じてしまう事があります。

また、平均寿命は短めなので中年以降は猫がかかりやすい尿路結石や膀胱炎などにかかりやすくなりますので、
健康チェックはしっかりとしてあげてください。

ロシアンブルーおすすめの食材
ロシアンブルーはすらっとした長い手足と尻尾が特徴的です。
その綺麗な体を食事で維持してあげるために高タンパク質の食事が必要になります。

また、毛の色が特徴的な猫なので毛並みや、つやもしっかりと綺麗に保ってあげる事が必要です。
高タンパク質、低脂質でビタミンやミネラルなどが良質なものが摂れるキャットフードや食事を与えてあげてください。

肥満になってしまうと綺麗な毛並みやスタイルも見た目が悪くなってしまいますし、
細い手足の関節に負担がかかって怪我の原因にもなってしまいます。
肥満になると病気のリスクも格段にあがってしまうので寿命が猫なので食事はしっかりと管理してあげてください。

ロシアンブルーにおすすめのキャットフード

ロシアンブルーにイチオシのキャットフード「カナガン」
 一般的に多く出回っているキャットフードは安く作ろうとするため原料も安い物ばかりを使っていましたが、
カナガンはしっかりとタンパク質・脂質・炭水化物の配合量を見直しているのでロシアンブルーが食べる食事に最適です。
その為良質で高タンパクな栄養をしっかりと摂れるようになっており、
グレインフリーなのでアレルギーや消化不良などのリスクを徹底的に少なくしています。