ラグドールの特徴から見るキャットフードの選び方

ラグドールは瞳が青くもこもことした毛が特徴の猫で長毛種に分類されます。胸のあたりまで長い毛でおおわれているのでよだれかけをかけているかのような可愛い容姿をしているラグドール。そんな可愛いラグドールのキャットフード選びを考えていきたいと思います。

 

 

性格から考える

落ち着いていて、あまり鳴くことはしない、

おとなしめな性格の猫で活発に運動をしない傾向が強いので太りすぎないようカロリーに気を付けましょう。

 

体格や被毛から考える

特徴はふわふわとした触り心地のいい被毛と、青い瞳です。
顔や手足には班の入るような毛色がありそれぞれの個性があります。
丸みがあり大きい体つきと耳が離れているのもラグドール独自のものです。
しっぽも丸み帯びていて足も筋肉質で太めです。

その綺麗な体を食事で維持してあげるために高タンパク質の食事が必要になります。高タンパク質、低脂質でビタミンやミネラルなどが良質なものが摂れるキャットフードや食事を与えてあげてください。

 

遺伝性の病気から考える

ペルシャ猫の遺伝を受け継いでるため肥大型心筋症はしばしば起こること傾向があります。ただしキャットフードの影響はあまり関係がなく遺伝の影響から起こると言われています。

気を付けたい病気としては、尿路結石やヘアボールのトラブルや腎臓病などがあります。内臓への負担がかからない成分が配合されているキャットフードが好ましいでしょう。

 

ラグドールにおすすめのキャットフード

ラグドールにイチオシのキャットフード「シンプリー」
国産というと安全に感じるかもしれませんが、国内のキャットフードの安全基準は低くイギリスやドイツなどの動物愛護先進国などは基準が高くなっています。
原材料に対する基準から品質・生産においての基準なども日本に比べてかなり高くなっています。
そのイギリスの中でもAランクを取得している工場でシンプリーは作られているので、
キャットフードの品質は世界最高レベルで作られています。シンプリーはラグドールが抱えているといわれている病気である、
尿路結石やヘアボールのトラブルや消化をしっかりと考えて作られていて、内臓への負担もかかりづらく成分が配合されているので腎臓などへの配慮がされています。

 

ラグドールの歴史

毛の量が多くシルクのような心地いい触り心地なのでいつまでも触っていたくなるような毛並みをしています。
タヌキのような風貌をしているので知らない人は猫と気付かない人もいるそうです。
丸くてふわふわしているその感じはまるでぬいぐるみのようです。
ラグドールという名前は直訳するとぬいぐるみという意味でその見た目からな名づけられています。

ラグドールの品種として認定されたのは2000年で比較的新しい品種の猫です。

 

ラグドールの特徴


特徴はふわふわとした触り心地のいい被毛と、青い瞳です。
顔や手足には班の入るような毛色がありそれぞれの個性があります。
丸みがあり大きい体つきと耳が離れているのもラグドール独自のものです。
しっぽも丸み帯びていて足も筋肉質で太めです。
顔は丸く目が少しつりあがっているのも特徴てきですね。

 

ラグドールの性格
落ち着いている性格であまり激しい運動はしない猫ちゃんです。
ラグドール=ぬいぐるみの愛称のとおり抱かれる事が大好きで、
手の中や足の上に乗っかってきて脱力してくつろいでいます。
鳴き声も静かで子供から大人まで人間になつく事が多く、
抱いてもらう為にそっと近寄ってきます。
デリケートな一面もあり生活環境がかわるとストレスを抱えてしまう事もあります。

 

ラグドールの飼い方


ラグドールは室内で飼う猫です。
あまり活発ではなく物静かな性格なので、
いつもリラックスできるような環境を作ってあげる事も大切です。

小さいうちは体も小さく活発に動く事もありますが、
大人になると落ち着いていてあまり動かなくなります。

なぜ室内で飼わないといけないという理由は、
鈍感な性格なので危険が多い外の環境にあまり反応ができないからです。
室内でも危険な場所には近づけないようにして、
危ない物はなるべく手の届かないところに置くようにしてあげてください。

鈍感でぬいぐるみのような猫って聞くだけで可愛くなってきますね。

 

ラグドールの価格
ラグドールの平均価格は約22万円ほどで他の猫よりも高い価格です。
譲ってもらう経緯などによって価格は全く変わってきますが、
安い場合は10万円弱、高いと40万近くの価格になっています。

 

ラグドールの平均体重
ラグドールの平均体重は、

オスが5~7kg
メスが4~6kg

になっています。

体が大きく筋肉質な体型をしているので、
体重は重めになります。
大人になるまで3~4年ほどかかり、
他の猫よりも成長するまでに時間がかかります。
大きいラグドールだと10kgを超えてきたりもします。

ラグドールの平均寿命
ラグドールの平均寿命は15年ほどで、平均的な猫の寿命となっています。
あまり運動をしない性格のラグドールですが、
気が向いた時には体を動かしてあげて、食事の管理もしてあげることで長生きできます。
20歳を越えたという事例もありますので体調管理はしっかりとしてあげてください。

 

ラグドールがかかりやすい病気
遺伝性の疾患は少ないといわれているラグドールですが、
一説によるとペルシャの血統が混じっているので肥大型心筋症などの病気にはかかりる事もあります。

肥大型心筋症は心臓の周りの筋肉が肥大していく事で心臓の血液の流れる量が少なくなってしまう病気です。
悪化していくと心臓の機能が低下して貧血や血栓などを引き起こしてしまいます。

他にも長い毛なのでヘアボール(毛球症)や皮膚炎、尿路結石なども引き起こす事があります。

遺伝性の疾患は少ないといわれていますが、
体の特徴から病気になる可能性はある品種なのでいざという時の為にペット保険に入っておくことも検討しましょう。

 

ラグドールにおすすめの食材


ラグドールは足が太く他の猫よりも筋肉量が多い品種です。
また毛並みも綺麗なのでしっかりと健康な皮膚や毛を維持できる栄養素が必要です。

筋肉を作る為には良質なたんぱく質、
毛並みを維持するためにはビタミン、ミネラルなどが必要です。

動物性の良質な高タンパク質がしっかりと配合されていて、
ビタミンとミネラルがしっかりと含まれているキャットフードや食事を与えてあげてください。

ラグドールにイチオシのキャットフード「シンプリー」
国産というと安全に感じるかもしれませんが、国内のキャットフードの安全基準は低くイギリスやドイツなどの動物愛護先進国などは基準が高くなっています。
原材料に対する基準から品質・生産においての基準なども日本に比べてかなり高くなっています。
そのイギリスの中でもAランクを取得している工場でシンプリーは作られているので、
キャットフードの品質は世界最高レベルで作られています。シンプリーはラグドールが抱えているといわれている病気である、
尿路結石やヘアボールのトラブルや消化をしっかりと考えて作られていて、内臓への負担もかかりづらく成分が配合されているので腎臓などへの配慮がされています。