慢性腎不全とは腎臓が徐々に破壊されていき、機能が低下していく病気の事です。
原因は様々ですが、何らかの病気をしているときに併発したり、遺伝的な要素もかかわってきます。

慢性腎不全の症状は、

・食欲不振
・体重減少
・水をよく飲む
・おしっこの回数が増える
・骨が弱くなる
・貧血

などがあります。
水分が不足すると尿結石や血尿などにつながるので
新鮮な水を何時でも飲める環境を整えてあげてください。⇒猫の尿路結石・腎臓病の原因と対策

 

悪化していくと、副甲状腺機能亢進症、高窒素血症、尿毒症(末期)などの症状も出始めてしまうので、
しっかりとした水分と食事のバランスが重要になります

慢性腎不全は一度かかると治らない病気です。
しかし病気の進行は徐々に進んでいくので毎日の生活習慣で病気の発症を遅らせたり、症状を軽くしたりできます。

慢性腎不全の食事療法は水分バランスが非常に重要になります。

ドライフードを与えていると水分が不足してしまうので、
だし汁をかけてあげるなどして水分をしっかりと摂れるように工夫してあげましょう。

理想的な食事は手作りをする事です。
好きなものをしっかりと把握して好きな食材に水分を十分に含んだ食事にしてあげる事で、
水分が不足する事を回避できます。

スープ系の食事などが理想ですが、
猫ちゃんによってはスープが嫌いな子もいると思うので、
その場合は水を飲ませる工夫をしてあげてください

猫が1日に必要な水の量と水の与え方

魚が好きな猫ちゃんであれば煮干しなどのだし汁、
肉が好きな猫ちゃんであれば肉からとっただし汁を料理に入れてあげる事で食いつきがよくなることもあります。

ドライフードだけに偏らずにしっかりと腎臓に負担の無い食事を食べさせてあげてください。

今回は慢性腎不全に効果的な食事のレシピを紹介します。

 

猫ちゃんが食いつくチキンスープ

鶏胸肉・・30g
好みの野菜・・10g
ドライフード・・適量
魚orウェットフード・・適量

 

鶏胸肉と好みの野菜をゆでます。
肉と野菜からとれただしをドライフードと魚、ウェットフードにかけてスープにします。

肉だけからとっただしが好きな猫ちゃんもいるので好みに合わせてあげてください。

また、魚が好きな猫ちゃんには肉を魚にかえてだしをとってあげても大丈夫です。

スープご飯を食べれるようになると猫ちゃんの慢性腎不全の症状を軽くして、
尿結石などの病気の併発を予防できるようになるので効果的です