猫は肉食動物、ベジタリアンにはなれない

猫ちゃんは完全肉食好物なので動物性食材によるタンパク質を摂取できる食事を中心にしないと健康に影響を与えてしまいます

それは植物性には含まれていなく、動物性の食材にしか含まれていない栄養素を必要としているからです。


タウリン、アラキドン酸などの栄養素が動物性の食材にしか含まれていないもので猫ちゃんにとって必須栄養素になります。

またβ-カロテンをビタミンAに変換できないのも肉食動物である猫ちゃんの体質だからです。

 

猫ちゃんにとってバランスの良い食材は?

猫ちゃんにとってバランスの良い食事を与えたい時には、

肉・魚=7
穀類=1
野菜=2

まず、上記の配分を考えて与えてあげるといいでしょう。⇒気になる?!猫が好きな食材と栄養素

最近糖質制限というダイエット方法が流行っていますが、
人間も糖質(ごはん、パン、麺類等)の炭水化物をとらなくても、タンパク質のアミノ酸を分解して糖に変換できる糖新生ということをできる事で話題になっています。

猫ちゃんはこのたんぱく質を糖に変える糖新生を負担なくできる体質を持っています。
ですので、穀物などを摂取しなくてもタンパク質をしっかりと摂っていれば問題なく生きていけます

猫ちゃんにとって穀物は消化しづらい内臓でできていますが、
食べれないわけではありませんので勘違いしないでください。

よく猫ちゃんに穀物を食べさせると病気になるという話がありますが、
バランスさえしっかりとしていて肉・魚を主食にして少しの量であればそこまで問題はありません。

猫ちゃんに栄養を考えた食事を与えたいと思うのであれば、
肉・魚7、穀物1、野菜2のバランスがおすすめです。

 

猫ちゃんは食事から摂らなくてはいけない栄養素とは?

猫ちゃんは動物性の食材にしか含まれていない栄養素の多くを必須栄養素として摂取しなくてはなりません。
特にタンパク質は体を作る為に必要な栄養素と糖に変えて運動をする為のエネルギーとして必要な栄養をとなります。

猫ちゃんが一日で必要とする栄養素一覧
タンパク質、脂肪、カルシウム、塩化ナトリウム、鉄、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE

1日に必要な栄養素の目安
ビタミンA 400~800lu
ビタミンD 40~80lu
リレール酸 400~800mg
リレイン酸 400~800mg
アラキドン酸 20~40mg
タウリン  200~400mg
アルギニン 800~1200mg
ナイアシン 60~80mg

上記の量は1日に必要な栄養素の目安です。
数字だけ見てもよく分からないとおもいますが、動物性の食材をしっかりと普通に食べていれば、
問題なく摂取できる量です。
小魚やレバーなどを食材やおやつに与えてあげるとバランスよく取れます。