猫ちゃんの必須栄養素とは?

栄養素の中には体内でつくる事ができるものとできないものがあり、
全く作れないものや微々たる量しか作る事ができない栄養素は食事から摂取する必要があります

食事からしかとれない栄養素の事を必須栄養素といいます。

そういった栄養素に関して猫と犬は類似している部分はありますが、猫は完全肉食動物なので猫特有の体内の作りになっています。

そこで食事で摂取すべき必須栄養素に関してこの記事では解説していきます。

猫に必要な栄養素とは?

猫ちゃんの必須栄養素

タンパク質(アミノ酸)
アルギニン、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、
フェニルアラニン、スレオニン、トリプロファン、バリン、タウリン

脂肪
リノール酸、α-リノレン酸(アラキドン酸)

多量ミネラル
カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、塩素

微量ミネラル
鉄、銅、亜鉛、マンガン、セレン、ヨウ素

脂溶性ビタミン
ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE

水溶性ビタミン
チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン(ビタミンB6)、ナイアシン(ビタミンB3)、
パントテン酸(ビタミンB5)、コバラミン(ビタミンB12)、葉酸(ビタミンB9)、ビオチン(ビタミンB7)、コリン

 

猫ちゃんにとっての栄養の課題と解決方法

β-カロテンをビタミンAに変換できない
⇒レバーから摂取

ビタミンDの体内生産量が足りない
⇒イワシ、カツオ、レバーなどを摂取

トリプトファンをナイアシンに変換できない
⇒レバー、大豆を摂取

タウリンを十分に体内合成できない
⇒魚介類を摂取

シトルシンが作れずアルギニンを含まない食事を続けると死亡してしまう危険性がある
⇒タンパク質が摂れる肉、魚の摂取

 

猫の必要な栄養素とおすすめな食材

ビタミンA
効果 目を守り、皮膚や粘膜などを助ける働きがある

目や皮膚、骨、粘膜などの健康維持に必要な栄養素で特に粘膜の形成や働きに関しては欠かす事の出来ないビタミンA
粘膜の強化により病原菌やウィルスなどが体内に侵入するのを防ぎ感染症などの対策、予防になります。

猫にはβ-カロテンをビタミンAに変換する機能が体内に備わっていない為、
緑黄色野菜などからビタミンAを摂取する事ができません。
ビタミンAを摂取する場合には食節摂る必要があります。

ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、
食材を油で炒めてあげると吸収率が高まります

不足・過剰摂取すると?
不足すると粘膜が弱くなり病原体の抵抗力が落ちてしまいます。
皮膚病や目の病気の元にもなってしまいます
過剰摂取すると中毒などを起こして嘔吐などをする事がありますが、
通常の食事量であればまず起こらないので心配ありません。

ビタミンAが摂れる食材
鶏・豚・牛のレバー
ウナギ
ギンダラ

 

ナイアシン(ビタミンB3)
効果 猫の必須栄養素で健康の維持に必要な栄養
猫はトリプトファンからナイアシンを合成できない体なので食事から摂る必要があります。
家庭で作った食事を長期間与えているとナイアシンの欠乏症がみられることがありますが、
キャットフードと手料理をローテーションで与えていたり、ナイアシンが摂取できる食材をあげていれば大丈夫です。

不足・過剰摂取すると?
猫はナイアシンが不足すると下痢などの症状がでて、
3週間以上摂取しないと死亡するという事例もあるみたいです。
しかし肉・魚をしっかりと食べていれば問題なく摂取できますし、
健康に影響が出るほど過剰に摂取することは普通の食事ではまずありません。

ナイアシン(ビタミンB3)の摂れる食材
マグロ
カツオ
豚レバー
牛レバー
サバ

 

ミネラル
効果 体内の酵素の働きや骨格に不可欠な栄養素
ミネラルはカルシウム・リン・ナトリウム・カリウム・塩素などの栄養素の事です。
これらは骨や筋肉などの骨格の形成や細胞の内外の体液に分泌して酵素の働きを助ける事を行います。

不足・過剰摂取すると?
ミネラルは骨格の主要成分になる栄養素なので、
不足すると骨粗鬆症や成長をが十分に出来ないなどの原因になります。
体全体の活動にも必要な栄養素なので不足すると全身が不調になってしまいます

ミネラルの摂れる食材
シラス
コウナゴ
煮干し

 

食物繊維
効果 腸内の働きをサポートして便の状態を良好にします
食物繊維は膵臓(すいぞう)などから分泌されている消化酵素等では消化されない成分ですが、
大腸などの腸内細菌のエサになるものがあり便の状態を良好にしてくれます
大腸内の水分吸収を促進して便を固めたり便の湿度を増やすなどの作用があります。
直接体内に必要な成分ではありませんが腸内の最近のバランスを良くしてくれるので必要な栄養素となります。

不足・過剰摂取すると?
食物繊維が不足すると便のカサが少なくなったり、水分の量が不足する事によって便秘になったり、
腸の通過時間が長くなる事があります。
多すぎると逆に水分量が多くなったりすることがあります。

 

食物繊維が摂れる食材
ブロッコリー
かぼちゃ
人参
トウモロコシ
さつまいも

 

イソロイシン
効果 エネルギーを作る為の必須アミノ酸

イソロイシンは筋肉を強化するための必須アミノ酸です。
タンパク質の原料にもなっており体内で脂肪酸からケトン体に転換され、
筋肉や脳で使われるためのエネルギー源となっています。
肝臓機能を強化したり血管を拡張したり筋肉の強化など様々な機能をサポートするアミノ酸です

不足・過剰摂取すると?
イソロイシンを含まないものを食べさせた実験によると、
子猫は成長不良や体重の減少などの健康被害がでて、
皮膚や被毛にも異常がでたという結果があります。
その場合、後から十分に摂取することでもとに戻るそうです。
過剰に摂取したところでの被害は報告されていません

イソロイシンを摂取できる食材
かつお節
しらす干し
大豆
干し海苔
若鶏の胸肉など

 

ロイシン
効果 筋肉を発達させるための必須アミノ酸
ロイシンはタンパク質の構成をするアミノ酸の1種で、
筋肉が発達させることを助けて筋肉が小さく弱くならないようにする働きがあります。
さらにインスリンの分泌を増加させて肝臓のグリコーゲンからエネルギーの生産を活発にする働きがあります。

 

不足・過剰摂取すると?
ロイシンが不足すると体重の減少や成長不足などになります。
筋肉の発達の為に必要な成分なので体を作る為には必要不可欠な栄養素です

ロイシンが摂れる食材
かつお節
しらす干し
あまのり
大豆
チーズなど

 

リジン
効果 爪や皮膚、被毛の健康を助けるアミノ酸
コラーゲンの原料となり皮膚などの健康を保つために必要な栄養素です。
お米や小麦、トウモロコシなどの植物性のタンパク質の中に含まれている量が少なく、
動物性のタンパク質には多く含まれているという特徴があります。
野菜を多くとっている方には摂取量が少なくなってしまうので、
肉や魚、大豆などのリジンが多く含む食材を食べる事が必要になります。

不足・過剰摂取すると?
リジンが不足すると体重が減ったり成長に必要な栄養素が足りなくなるという事があります。
過剰摂取した場合の健康被害は今のところありません

リジンを摂取できる食材
かつお節
大豆
しらす干し
マグロ
はも

 

メチオニン
効果 システインのの原料となり脂質の精製を助けるアミノ酸

メチオニンは脂質の代謝をあげたり、抗酸化物質の原料にもなるアミノ酸で、
猫の尿に入っているフェロモンであるフィリニンの前段階になる物質でもある。

不足・過剰摂取すると?
メチオニンを全く含まない食事を与えた場合子猫は、
異常な体重不足になる事例があった。
過剰摂取すると貧血などの症状がでる

メチオニンを摂取できる食材
かつお節
しらす干し
大豆
ほしのり
マグロ

 

フェニルアラニン
効果 神経の伝達を正常化する必須アミノ酸
フェニルアラニンは精神の安定を保ったり、甲状腺のホルモンの原料にもなるアミノ酸です。
体内で変換されてドーパという物質に変化し、
ドーパミンなどの神経の伝達物質になることで精神面の安定やストレスの軽減などの作用があります。

人間ではうつ病などの病気の改善効果などの事例がありますので、精神的な神経の正常化の為には必要なアミノ酸と言えるでしょう。
甲状腺ホルモンの分泌を活性化させるなどの働きもあります。

不足・過剰摂取すると?
フェニルアラニンが不足している子猫は体重が少なくなったり、
体毛の色の変化が起きたり、精神異常をきたすような事があります。
過剰に摂取しても問題はありません

フェニルアラニンが摂取できる食材
かつお節
しらす干し
大豆
ほしのり
マグロ

 

スレオニン
効果 糖新生にかかわる必須アミノ酸
スレオニンは酵素の活性化に関与していて不足すると痙攣などの起こす事がある。
酵素以外にも他のタンパク質の活性化などのコントロールにも必要な栄養素です。

不足・過剰摂取すると?
スレオニンを全く含まないものを食べていた子猫は食欲低下や体重の減少、
体の震え、痙攣、筋肉のこわばり、運動失調などの症状がでています。
過剰摂取では特に問題はありません

スレオニンが摂取できる食材
かつお節
しらす干し
大豆
干し海苔
鶏の胸肉

トリプトファン
効果 睡眠をコントロールする必須アミノ酸
猫は犬と違いナイアシンを体内で合成できないのでトリプトファンからナイアシンを十分に摂る事ができません。
トリプトファンはセロトニンという体温調整や睡眠のコントロールなどにかかわる物質や、
メラトニンという生活リズムを正常にする成分などに変換されるので日常をしっかりと送る為に必要な成分です。

不足・過剰摂取すると?
トリプトファンが不足している子猫の事例として、
体重減少や食欲低下などの症状がでた。
過剰摂取した場合は死亡例もあり

トリプトファンを摂取できる食材
かつお節
しらす干し
大豆
干し海苔
チーズ

 

バリン
効果 筋肉を支持するために必要な必須アミノ酸
バリンは体内で変換されることで筋肉の代謝を維持するための機能があるアミノ酸です。

不足・過剰摂取すると?
バリンが不足すると体重不足などを引き起こす事がありあます。
過剰摂取しても今のところ健康被害はありません

バリンを摂取できる食材
かつお節
しらす干し
大豆
干し海苔
チーズなど

 

ヒスチジン
効果 血糖値のコントロールなどに必要なアミノ酸
ヒスチジンは酵素を活性化させたりタンパク質を分解して赤血球の酸をの受け渡しに関与しているアミノ酸です。

不足・過剰摂取すると?
ヒスチジンが不足すると成長不良や体重減少などの原因になります。
過剰摂取はとくに問題はありません

ヒスチジンを摂取できる食材
かつお節
かつお
マグロ
サバ
鶏胸肉

 

アルギニン
効果 尿素回路に関与する必須アミノ酸

アルギニンは血糖値のコントロールや肝臓での解毒に関与している猫の必須アミノ酸です。
猫の体の有害なアンモニアさんを解毒して尿素に変えたり、肝臓で行われている尿素の分解などを助ける働きがあります。

不足・過剰摂取すると?
アルギニンが不足していると、嘔吐、胃液過多、下痢、体重減少、食欲減退などの症状がでます。
自過剰摂取でも問題はいまのところありません

 

タウリン
効果 消化や神経の伝達に働き合成できないアミノ酸
タウリンは猫にとって非常に重要なアミノ酸の1つで、
心臓・筋肉・肝臓・腎臓・膵臓・脳・神経・肺などの働きに関与していて、
生きていく為には必須なアミノ酸です

体内では作り出す事ができないので食事から摂る必要があるので、
タウリンがしっかりと含まれている食材をあげてください。

不足・過剰摂取すると?
タウリンが不足すると心筋症・中心網膜の退化・心筋症などの病気の原因になります。
過剰摂取する場合での問題はありません

タウリンが摂取できる食材
カキ
タコ
エビ
イワシ
サンマ

 

リノール酸
効果 皮膚や被毛の健康を保つ脂肪酸
植物からのみしか摂取できない脂肪酸で猫の皮膚や被毛などの健康に必要な栄養素です。

不足・過剰摂取すると?
リノール酸が不足すると、
皮膚の乾燥、肌つやの低下、フケ、不妊症、脂肪肝、食欲低下、体重減少など、
様々な健康被害が出てしまいます。
過剰摂取での健康被害はありません

リノール酸が摂取できる食材
ひまわり油
コーン油
ごま油
大豆油

 

α-リノレン酸
効果 植物が作るオメガ脂肪酸で皮膚と被毛の健康を維持
α-リノレン酸はオメガ脂肪酸の元となりは猫の健康に必要な栄養素の1つで、皮膚を正常にしたり、
肌つやを整えたり被毛を綺麗にするなどの働きがあります。

不足・過剰摂取すると?
α-リノレン酸が不足すると皮膚が乾燥したり、
肌のつやがなくなったりフケ、不妊症、脂肪肝、食欲不振、体重減などの症状を引き起こします。
過剰摂取での健康問題はありません

α-リノレン酸が摂れる食材
マヨネーズ
えごま
なたえ油
大豆

アラキドン酸
効果 動物性の食材に入っている脂肪酸で皮膚や被毛の健康を助ける
アラキドン酸は動物性の食材には一致エル必須脂肪酸の1つです。
主に皮膚や被毛の健康維持や体つくりに役立ちます。

不足・過剰摂取すると?
アラキドン酸が不足すると皮膚の乾燥、肌つやの低下、フケ、不妊症、
脂肪肝、体重減少、食欲不振などの症状がみられます。

アラキドン酸の摂取できる食材
鶏卵
さわら
豚レバー
さば
わかめ

 

以上、猫ちゃんの必須の栄養素と効果と摂取できる食材についてでした。

上記の栄養素をバランスよくとれる食材を使って猫ちゃんに手料理を作ってあげてください。

食事を作るときの基本

1、動物性のタンパク質をメイン
2、水分量も多めのものを使う
3、肉・魚の割合は食事量の50~80%
4、野菜と穀物はその余りを等分したくらい

となります。

先ほどの栄養素を踏まえてのポイントは、

・タウリンは必須アミノ酸なので動物性たんぱく質は必ず使って食事を作る。肉と魚さえ食べていれば猫ちゃんは大丈夫!
・必須脂肪酸は植物と動物2種類とる種や油などを使って植物性の脂肪酸を与えてあげてください。
・ビタミンAは猫ちゃんは作れないので食事から与えてあげる、主にレバーに豊富に含まれています。
・猫ちゃんは炭水化物の消化が悪いので米やイモは無理に与えなくても大丈夫
・猫ちゃんはナイアシンを欲しがっているので鶏肉や魚などを与えてあげる
魚介類(カニ、エビ、貝類、魚)は加熱してからあげる

上記のポイントを押さえながら美味しいご飯を与えてあげてください。