猫ちゃんは人間と必要な栄養バランスが違います。
人間と同じ食事を与えていると栄養バランスが偏って健康状態が悪くなりますので食べさせて良い物悪い物をしっかりと知りましょう。

基本的には猫ちゃんには栄養バランスをしっかりと含んだキャットフードをあげる事が一番です。

猫ちゃんに絶対にNGな食材

玉ねぎ・ネギ類
ネギ類を食べると猫ちゃんの赤血球が破壊されて貧血を起こす原因になります。

ハンバーグなどのミンチ状のものでも玉ねぎを使っている事があるので絶対に与えないようにしましょう!

 

アワビ内蔵

アワビを食べて昼間に日光を浴びた猫ちゃんが皮膚が赤く腫れたり、
炎症を起こして黒くただれて欠け落ちてしまう事があるくらい怖いものです。

原因は未だにはっきりとしていませんが、
アワビの食べた階層の毒度が猫ちゃんは解毒できずにおきると考えられています。

鶏の骨・魚の骨

骨はカルシウムの補給には最適な食材ですが、
鶏の骨は噛んでしまうとのどに刺さってしまう事があるので大変危険です
鯛などの太い骨のある魚にも注意しましょう!

 

多少なら大丈夫だけど多くは食べさせたくない食材

青魚

アジ・イワシ・サバなどの青魚に含まれる不飽和脂肪酸を食べすぎると、
猫ちゃんの老化を早める原因になります。
あまりたくさん与えてしまうと猫ちゃんはビタミンE欠乏症を起こす事があります。

イカ・タコ・エビ

消化が悪いので食べ過ぎてしまうと胃腸に障害をおこしてしまい、下痢や便秘の原因になる事があります。
ビタミンBも破壊してしまい神経障害などを引き起こす事もあります。

牛乳

生まれたばかりの子猫ちゃんは牛乳に含まれる乳糖を消化する酵素がありますが、
成長するにつれて減少していくので下痢を起こしやすくなっていきます。
また牛乳はアレルギーもある事があるので注意してください。
水分補給は水にしましょう。

生の豚肉

生肉は細菌が繁殖しやすいのでおすすめできない食材です。
とくに生の豚肉は寄生虫などがついていて中毒を起こす事があるので絶対に避けましょう。

 

味の濃いもの・甘いものはNG

味のこいものは塩分が高くなりますが猫ちゃんは塩分を上手く排出できないので、
醤油や塩などで味付けしたものを食べ続けると肝臓や心臓に負担をかけてしまいます。

ソーセージ・かまぼこ・ちくわ・ハムなどの加工食品には塩分が多く含まれているのでやめましょう。

チョコレートやケーキなど糖分が多く入っているものも猫ちゃんには与えないようにしましょう。
チョコレートはカフェインが含まれていますので心臓や血液に問題を起こす可能性があります。

 

にゃんこが口にする危険な植物

猫ちゃんは毛づくろいして飲み込んだ毛玉を吐き出すために草を食べる事がありますが、
口にすると中毒症状を引き起こしてしまう植物もあります。

口にしてしまうと嘔吐や下痢を繰り返したり、発熱をしてしまう事があります。

観葉植物や家庭菜園などで育てている身近な植物にも猫が中毒症状を起こしてしまうものがありますので、
家の中に植物を置く際には注意しましょう。

猫が口にすると危険な植物一覧

アサガオ、アジサイ、アネモネ、オシロイバナ、キョウチクトウ、キンポウゲ、クロッカス、
ジキタリス、シャクナゲ、ジャスミン、ジンチョウゲ、スイートピー、スズラン、デルフィニウム、
チョウセンアサガオ、トリカブト、ヒヤシンス、フジ、ポインセチア

 

猫ちゃんに必要な草

ネコ草(エン麦)
ネコ草としてペットショップなどで売られているのはエン麦と呼ばれる植物です。

ネコ草を食べると猫ちゃんの胃腸の中を植物が刺激して胃腸の働きが活発になりますので、
体内に溜まった毛玉を吐き出す効果があります。⇒関連ページ・毛玉ケア
また整腸作用などにもなり食欲増進にもなりますので猫ちゃんにとっては必要な草です。

ネコ草を飼い主が用意してあげる事も大切な事なのですが、
しっかりとこまめにブラッシングしてあげる事で毛玉ができず胃の中に毛玉をいれないですみます。

ネコ草は植物が育ちにくいといわれる低温や土壌の良くない場所でもしっかりと育ち、
手入れも難しくないので鉢植えで買う以外にも種と土が入ったセットを購入する事で絶やさずにおくことができます。

最近ではペット用の毛玉除去用に毎日少量舐める油性のペースト状のサプリメントやフードなどもあります。