猫ちゃんの健康はキャットフードばかりに気がいってしまいがちですが、
水も健康には大切なものなのでしっかりと与えてあげてください。

猫ちゃんが1日に必要な水の量

猫ちゃんはもともと砂漠で暮らしていた動物なので水分はあまり多くのみません。
とはいっても水分をしっかりと飲ませてあげたほうが尿石症などの病気の予防になります。

猫ちゃんが1日に必要な水分量は、

50~70ml × 体重(kg)

になります。

体重が4キロの猫ちゃんなら、
200ml~280mlになります。

缶コーヒーでいえば約1.5から2本くらいといった量ですね。

キャットフードにも水分は含まれていますので、
その量の水をきっちりと水で飲まなくても大丈夫です。

 

与える水は水道水

猫ちゃんに与えてあげる水は水道水で問題ありません。
水道水は塩素処理されて安全ですので猫用の水などを用意する必要はありません。

温度は熱すぎても冷たすぎても猫ちゃんはビックリしてしまうので、
常温の水をあげてください。

ミネラルウォーターを与えたいと考える人も多いようですが、
余計なミネラル成分などが混じってしまうと、
猫ちゃんの尿結石などの病気に繋がってしまう場合があるので逆効果です。
水道水を飲まないなどの悩みがある場合は下記に対策方法がありますので、
参考にしてください。

 

水と水皿新鮮なものを用意

水にホコリが入っていたり、不衛生なものは猫ちゃんはあまり好みではありません。
こまめに水を交換してあげて常に新鮮なお水を用意してあげてください

水皿もしっかりと洗ってあげてください。
においが残っていたりすると水を飲まなくなったりしますので。

 

ごはんの時には水も横に

キャットフードをあげるときには水を横に用意してあげてください。
食事の後には水を多く飲む猫ちゃんも多くいます。

 

水をたくさんの飲ませる方法は?

いろんな場所に水を置いてみる!
猫ちゃんがいつでもどこでも水が飲めるように1カ所でなく、
複数の場所に水を置いてあげると飲む量が増えます。
水飲み場まで動くのが面倒だった猫ちゃんも近くにあれば飲む愛数が増えます。

水に好みの味を混ぜてみる

飼っている猫ちゃんが好むなら、
子猫用のミルクを少しだけ水に混ぜてみましょう。
ミルクはカロリーが高いのでたくさん飲むようなら、
キャットフードからミルクのカロリーをひいてあげてください。
長時間経つと不衛生になるのでこまめに水は交換してあげてください。

木炭でカルキのにおいを消す

猫ちゃんは水道水のカルキのにおいを嫌がる事があります。
水のなかに木炭を入れて少し置いておくとにおいがとれて飲みやすくなります。
沸騰させた水を冷ましても同様の効果が得られます。

キャットフードにあんかけをする

フードに水分を足す事も一つの手です。
猫ちゃんが好きならササミでだしをとったものに、
片栗粉を少しだけ混ぜてとろみをつけて、
キャットフードにかけてあげてください。

 

水の飲み方は猫ちゃんの好きな方法で

猫ちゃんの水の飲み方の好みはそれぞれ違い、
お風呂場の水を飲みたがる猫もいれば、洗面所の水を飲みたがる猫もいます。
蛇口から流れてくる水を好きな猫ちゃんは多いです。
そういったものが好きな猫ちゃんであれば循環式の自動供給器で水をあげる事もおすすめです。
水が常に循環して猫ちゃんの興味をひきますので飲む量を増やす事につながります。

 

水を飲みすぎていたり、全く飲まない時は?

水を全く飲まなかったり、量を飲みすぎてしまっているとき、
またはそれらを繰り返しているときは要注意。
病気の危険性があります。糖尿病などの病気になると水をたくさん飲むことがあるので、
一度獣医さんに連れてってあげてください。
あまりにも水分を摂らな過ぎると熱中症や脱水症状などのリスクが高くなるので注意してください。