猫ちゃんの普段の健康状態や生活のリズムや行動などを把握していると調子が悪い時に体調の変化にいち早く気付くとができます。
病気を早く発見する事は大事な事ですが、飼い主の自己判断は危険なのでおかしいと思ったら獣医さんに猫ちゃんを診断してもらい相談する事が重要です。

元気で食欲があるのに痩せてきたりしたら栄養がうまくとれていない可能性があります。
その場合腎臓病などの心配がありますのでこまめに体重を測ってあげて体調の変化を察知してあげる事が重要です。
肥満は病気につながる可能性が高く皮膚病、心臓病、関節炎、肝臓病、糖尿病などのリスクが高くなるので注意して下さい

ここでは猫ちゃんの体調がおかしいと思った時の対処法や危険性を症状別に解説していきます。

食欲がない

食欲は体調の良し悪しをチェックするのに重要なサインになります。
複数の猫ちゃんを飼っている場合は猫ちゃん1匹ずつの食事量を把握しづらい事がありますが、
しっかりとチェックをしてあげてください
熱い時期や発情期の時は食欲が落ちてしまう事がある場合がありますので、
あまりにも食べない時期が続くようでしたら獣医さんの診断を受けるようにしてください。

食欲がない場合に考えられる原因

キャットフードに飽きた・嫌い
キャットフードの栄養素が合っていない
味覚嫌悪
季節周期・暑い
ワクチンを接種した後
食器や環境が気に入らない
食事の時間が変わった
高齢になって老化が始まってきた
鼻づまり

 

嘔吐する

猫ちゃんはちょっとしたとこで吐く事が多い動物です。
食べすぎてはいたり、草を食べて食べたものを吐き出したり、胃の中に溜まった毛玉を吐いたりします。
しかし激しく嘔吐したり胃液のようなものだけを吐き出したりしているような状態が続くようなら病気の可能性が高くなります。

嘔吐するときに考えられる病気
異物の誤飲
消化器系の病気
毒物による中毒
ウィルスの感染症

 

毛が抜ける

猫ちゃんは普段から毛は抜けますが異常に多い量の毛が抜けるときは病気の可能性があります。
痒い場所を集中して舐めてしまっているときはカビによる皮膚病や外部からの寄生虫の可能性があります。
かさぶたがあるかもチェックしてあげてください。

猫の脱毛によって考えられる病気
皮膚糸状菌症・・カビによる脱毛症
食事性アレルギー
疥癬(ヒゼンダニ症)・・ダニの寄生
日光性皮膚炎(日光過敏症)
首輪ハゲ・・首輪による脱毛
過剰グルーミング
舐性皮膚炎
ノミアレルギー性皮膚炎・・ノミの寄生
線状肉芽腫

 

目やに

角膜炎や結膜炎などの病気で目やにが多くなる事がありますが、伝染病疾患のときも目やにが多く出る事があります。
目やにがたくさん出ているときや黄色い目やにが出ているときなどには治療が必要になります。
目やには風邪ででるときもあります。

目やにでの考えられる病気
結膜炎
角膜炎
猫風邪
ケンカなどによる外傷
クラミジア感染症
アレルギー

呼吸の変化

猫ちゃんは犬と違い呼吸は静かです。健康的な猫ちゃんなら体温調節の為に時々ハァハァと呼吸する事がありますが普段はおとなしく呼吸をします。
一時的にハァハァしているようなら問題はありません。
口をあけて苦しそうにハッハッハッと短く呼吸を繰り返すようであれば肺炎や肺水腫、胸腔に水が溜まっているなどの病気の可能性があります。
じっとうずくまり苦しそうにしているときは呼吸困難の前ぶれの可能性もあります。
リンパ腫、膿胸、肋骨の骨折などが考えられますのでこれらの症状がでている場合は急いで獣医さんの所へ連れていってあげてください。
呼吸は重大な病気の前ぶれで起きる事が多いので日頃から呼吸はしっかりと見てあげてください。

呼吸変化で考えられる病気
熱中症
猫喘息
猫ウィルス性鼻気管炎(猫風邪)
心臓病
呼吸器感染症
内臓疾患
肺炎
肺水腫
リンパ腫
膿胸
肋骨の骨折

 

咳(せき)

咳が出ているときはアレルギーによる喘息や猫風邪などが考えられます。
熱がないかもチェックしてあげてください。
熱と咳が出ているときは病気にかかっている可能性が高いので獣医さんへ連れていってあげてください。

咳が出ている事で考えられる病気
フィラリア症
食道アカラシア
心臓の病気
猫ウイルス性鼻気管炎
猫クラミジア感染症
猫エイズウイルス感染症
悪性リンパ腫
血管肉腫
咽頭炎
気管支炎
喘息
肺炎
肺水腫
乳び胸

頭を振る

猫ちゃんが頭を振るときは耳にダニがいてかゆいときなどにする仕草ですが、
神経系の病気があるときに頭をブルブルを振る事があります。
神経性疾患の可能性があるので注意してみてあげてください。
フラフラとしている場合は高い所から落ちてしまう事があるのでケージやカゴ入れてあげて様子をみてあげましょう。

頭を振る仕草で考えられる病気
外耳炎や中内耳炎
アレルギー
異物混入
脳炎
中毒症状
脳腫瘍

 

うずくまって動かない

食欲がなく丸くうずくまって動かなくなっているときは病気の可能性が極めて高いです。
嘔吐や発熱、うんちやおしっこなどにも異常があった場合はすぐに病院へ連れていってあげてください。

うずくまっているときに考えられる病気
猫風邪
細菌感染
寄生虫感染
内臓疾患
フィラリア症
感染症
糖尿病
骨折
打撲
尿路結石症
肝臓の病気
胆管肝炎症候群
アレルギー

 

痙攣(けいれん)

何かしらのショックやてんかんによってけいれんを起こす事があります。
1~2分で治まる事が多いので絶対に動かしたり触らないようにしましょう。
けいれんは毒物中毒・脳腫瘍・肝臓病・心臓病などの疑いがあるので治まったらすぐに病院へ。

痙攣(けいれん)を起こした時に考えられる病気
てんかん
尿毒症・腎不全
熱中症
猫伝染性腹膜炎
中毒
脳腫瘍
肝臓病
心臓病

 

歩き方がおかしい

足を引きずったり、びっこをひいていたりしているときは、
関節の痛みや骨折、神経の異常などが原因として考えられます。
動かないときは麻痺や運動障害の場合は脊椎の損傷などが考えられます。
動くと痛がったり立てなかったり、歩くとよろよろしているときなどはすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。
また心臓疾患や神経の異常などでも足がふらついたり引きずったりすることもあります。

歩き方がおかしい時に考えられる病気や怪我
皮膚血管炎
骨折
外傷性脱臼
股関節形成不全
膝蓋骨脱臼
前十字靱帯断裂
アキレス腱断裂
変形性関節症
進行性多発性関節炎
化膿性関節炎
カリシウイルス性関節炎
骨軟骨形成異常
多発性筋炎
感染性筋炎
腫瘍随伴性筋炎
重症筋無力症
筋硬直症・ミオトミー
筋ジストロフィー
止血凝固異常
特発性前庭障害
虚血性神経筋症
硬膜外血腫
脳血管障害
水頭症
灰白脳脊髄炎
脳炎・髄膜炎
てんかん
脊椎奇形
脊髄空洞症
脊髄炎・髄膜炎
脊髄腫瘍
椎間板ヘルニア
僧帽弁閉鎖不全症
動脈管開存症
乳腺過形成
狂犬病
オーエスキー病
骨肉腫
脳腫瘍

 

熱がある(高熱・微熱)

健康な猫ちゃんの体温は普段38~39℃ほどです。
子猫のときはそれよりも少し高くなります。
猫ちゃんは人間のように体温の幅は広くないので、
40℃以上あった場合は高熱を出している事になりますのですぐに病院へ連れていってあげてください。
高熱を出しているときの原因はさまざまですが、
猫風邪などのかかりやすい病気から、細菌や猫免疫不全ウィルスなどの感染症などの可能性があります。
微熱のときは病気の前兆や体のどこかが怪我などで化膿していることがあります。
その場合平熱に戻っても安心せずに続けて様子をみてあげてください。

発熱した時に考えられる病気
細菌性皮膚炎
クリプトコッカス症
天疱瘡
皮膚血管炎
急性胃炎
慢性胃炎
急性小腸疾患
肺炎
骨折
進行性多発性関節炎
カリシウイルス性関節炎
多発性筋炎
感染性筋炎
腫瘍随伴性筋炎
腎盂腎炎
白血病
骨髄異形成症候群
脳炎・髄膜炎
脊髄炎・髄膜炎
肺高血圧症
猫伝染性鼻気管炎
猫カリシウイルス感染症
猫パルボウイルス性腸炎
猫コロナウイルス感染症
猫免疫不全ウイルス感染症
サルモネラ感染症
大腸菌症
バルトネラ症

 

体温が下がる(低体温)

猫ちゃんの体温が下がる場合は非常に危険な状態です。
エネルギー不足や代謝が悪いか、病気の末期症状などが考えられます。
急いで病院へ連れてってください。

猫ちゃんの体温が下がった時に考えられる病気
急性腎不全
低体温症
子猫衰弱症候群
膵炎
便秘
うっ血性心不全
腸閉塞
尿閉塞
尿毒症

 

猫ちゃんの体調変化をしたときはしっかりと様子をみて適切な処置をしてあげてください。
猫の体調変化についてでした。

猫ちゃんが病気にかかると高額な治療費がかかってしまうことがあります。
最近では人間の保険のようなサービスが猫ちゃんの為にも出てきているので、
いざという時の為に加入を検討してみるのも良いと思います。