猫ちゃんの専門医である獣医さんがどういったキャットフードを勧めているのか気になりますよね?

管理人も良く獣医さんにはお世話になって食事の話になるのですが、
市販のキャットフードはあまりオススメはしていません。

では、どういったキャットフードが専門家の方がおすすめしているのを解説していきます。

獣医さんがおすすめするキャットフードの条件とは?

・良質で十分なたんぱく質がとれる
・猫の負担になる穀物を使用しない(グレインフリー)
・無添加・無着色・無香料

以上の条件が動物学的に猫ちゃんの体に合っているものとしています。

 

良質で十分なたんぱく質がとれるキャットフードとは?

タンパク質が摂れる原材料はいろいろあります。
肉・魚・卵・大豆・貝類・イカ・タコなどなど色々なタンパク源はありますが、
猫ちゃんは本来肉食動物なので消化器官が肉・魚を食べる様にできています。

ですので、大豆、卵などはアレルギーを起こす原因になりますし、
上手く消化できずに胃や腸に負担をかけてしまいます。

イカ、タコ、エビなどの魚介類は食べれなくはないのですが、
消化が悪くあまり栄養を吸収できないものです。

ですので、肉と魚を主食としてタンパク質を摂っていきます。

肉の中でも牛肉と豚肉はアレルギー性がありますのであまりオススメはできません。
鶏肉が高タンパク質でアレルギー性も少ないのでベターです。

チキンや鴨肉などがかなり栄養満点で猫ちゃんには合っている食材と言えます。

また、国産の安いキャットフードは肉を使っていても○○ミールなどと呼ばれる、
死んだ動物の肉や病気の動物の肉など人間が食べない粗悪な肉を使っているものもあるので注意して下さい

また、動物を丸ごと使っている肉もあります。
内臓や骨毛皮なども全てつかっている粗悪な肉の例もありますので気を付けてください。

猫の舌は甘みを感じないようにできていますが、
タンパク質は状態が悪くなると苦みを発するようになるので食欲を抑えてしまいます。

猫ちゃんの食が進まないようなら新鮮なたんぱく質を使っていないのかもしれません。

良質なたんぱく質をしっかりと摂れるキャットフードを選びましょう。

 

穀物不使用(グレインフリー)

先ほどの大豆の話でもありましたが猫ちゃんは肉食なので穀物が体に合っていません。
小麦やトウモロコシなどの穀物も一緒で消化器官で消化しきれないくなる事があります。

こういった穀物の入っている食事を続けていると、内臓に負担がかかり病気のリスクが高くなります。

ですので穀物を使っていないグレインフリーのキャットフードを選びましょう

 

無添加・無着色・無香料

キャットフードに使われている添加物は発がん性物質の確認がされているものも普通に使われています。
人間の食材には使われないものもペットフードの安全基準が低い事で使用されているのが現状です。
イギリスなどの動物愛護の先進国では基準が高くなっているので使う事が禁止されているものあります。

着色料で美味しそうに色づけをして香料で美味しそうな匂いを付けて猫ちゃんを騙しているだけなのです。

こういったものを使っているキャットフードは愛猫ちゃんの健康を阻害するので絶対にやめましょう。

 

動物病院の先生が監修しているキャットフード

 

カナガンキャットフード

新鮮なチキンを主原料に使っていてタンパク質率70%以上のキャットフードです。
もちろんグレインフリーで香料・着色料・無添加で作られています。
肉が好きな猫ちゃんにおすすめなキャットフードです。

公式サイトはこちら

カナガンの評価とクチコミ

[/colored_box]

 

 

シンプリーキャットフード

サーモン・マス・白身魚などの新鮮で良質な魚を使っているキャットフードです。
グレインフリー・無香料・無着色・無添加です。
魚が好きな猫ちゃんにおすすめのキャットフードです。

公式サイトはこちら

シンプリーの評価とクチコミ

 

 

 

モグニャンキャットフード

カナガンのスタッフが新しく開発したキャットフードで、
赤ちゃんの離乳食にも使われる安心で安全な白身魚を主原料にしておりタンパク質は60%強の含有量になります。
子猫ちゃんやシニア猫ちゃんなどの胃腸に気を使う猫ちゃんにおすすめです。
グレインフリー無添加、香料・着色料不使用です。

公式サイトはこちら

モグニャンの評価とクチコミ