猫ちゃんが病気にかかったり、予防接種を受けたり、定期検診をしたりと何かあった時に頼れるところは動物病院の獣医さんですよね。
しかし獣医さんにはしっかりと診断したり悩み相談をしてくれるところもあれば、適当な獣医さんがいるのが現実です。

そこでしっかりとした信頼できる獣医さんを見つけるためのポイントや注意点について解説していきます。

信頼できるホームドクターの見つけよう!

家族のであり大切なパートナーである猫ちゃんには元気で長生きしてもらいたいものです。
病気やけがの時にはしっかりと信頼できるホームドクターを見つけてお付き合いしておくことで何かあった時でも安心です。

どういった獣医さんが良い獣医さんと考える方は飼い主の方の考え方によって変わります。
しかし、診療がしっかりしていたとしても猫ちゃんを丁寧に扱って猫ちゃんをしっかりと見てくれている頼れる獣医さんを選びたいものですよね。

いくら手際がよくても猫ちゃんを乱暴に扱ったりするような獣医さんは避けたいと思います。

大切なのはしっかりと猫ちゃんの事を考えてくれて何かあった時には全力で治療にあたってくれる獣医さんだと思います。

しっかりとあなたの猫ちゃんが安心して通える獣医さんが見つかるといいですね!

 

良い獣医さんの見分けるポイントは?

診療内容をしっかりと説明してくれる獣医さん
しっかりと猫ちゃんを診断して治療や検査の方法、薬の内容の事まできちんと納得のいくように説明してくれる獣医さんは基本です。
診察料金の明細などもしっかりと記載してくれるような獣医さんを選びましょう。

治療方針や検査のやり方などを飼い主の方に説明せずに独断でやってしまったり、
説明が丁寧でない獣医さんは要注意です。

 

しっかりと飼い主の話を聞いてくれる獣医さん
病気やけがの診断は獣医さんなら当たり前にやる事です。
それ以外の猫ちゃんの体調や生活環境などをしっかりと飼い主の方の意見を聞いて切実なアドバイスをしてくれる獣医さんにしましょう。

 

診療室の状態が綺麗な動物病院

最近では猫ちゃん専門の動物病院もできていますが、
それ以外の病院では様々な動物が受診しにきています。

猫ちゃんはデリケートな動物なのでしっかりと衛生管理が行き届いていて、
綺麗な動物病院を選びましょう。

 

飼い主からみて信頼できる獣医さん

獣医さんも人間ですので色々な人がいます。
飼い主のあなたからみて信頼がおける獣医さんを見つけてください。
しっかりと猫ちゃんの診療時間をとってくれて診断結果や治療方法、使う薬を、
わかりやすく納得のいくように説明してくれて副作用のリスクなども話してくれる先生を選びましょう

 

夜間・休日になにかあった時に対応してくれますか?

どんなに設備がすごくて立派な動物病院でも緊急で困っているときに対応してくれない、
連絡がつかないような病院は良い病院とはいえません。

 

飼い主との相性

いくら良い病院という評判があっても、愛猫ちゃんの飼い主であるあなたとの相性が悪くてはコミュニケーションがうまく取れなくなってしまいます。
先生から治療方法や薬をもらって実行するのは飼い主なので相性がいい先生を見つけてください。

 

先生・スタッフさんに安心感がありますか?

愛猫ちゃんの検査や治療をしてもらうスタッフや先生がしっかりとしていて、
猫ちゃんの事をしっかりと考えてくれているかは雰囲気や行動でわかります。
愛情が感じられる獣医さんをしっかりと選びましょう。

 

猫ちゃんの医療だけでなく健康管理までみてくれる?

猫ちゃんの病気を防ぐには毎日の食事や生活環境などの健康管理が大切になります。

医療設備が充実していて、最新の技術で病気を治療してくれる立派な病院は必要ですが、
ちょっとした体調の変化や病気などで相談にいけるような気軽に話せるホームドクターは身近にいると安心です。

病気やけがの治療だけでなく心や体の健康管理に気を使ってくれてアドバイスして頂ける獣医さんを選びたいところです。⇒愛猫の体調の変化

高度な医療技術が必要な場合に信頼できる病院をしっかりと紹介してくれるようなネットワークを持っている獣医さんならなお安心ですね!

ご近所さんの評判や意見を聞いてみる!

猫ちゃんを新しく飼いはじめたり、引っ越してきたばかりで獣医さんがどこがいいのか迷っているときは、
ご近所さんで猫ちゃんを飼っている人に聞いてみるのも参考になります。

実際に通っている人の本音の評判を聞けるのはとても貴重なものです。
身近に聞ける人がいるなら迷わず聞いてみましょう!

 

診療代・設備・急患について

ペットの治療は自由診療なので高額な費用がかかる事もあります。
最近ではペットの保険などもでてきており加入率は伸びてきているので、
そういったものを使うのも何かあった時に安心できます。

獣医さんは費用によってかなりの差がありますので治療代の違いを判断するために、
混合ワクチンの料金や不妊・去勢手術の料金を聞いて目安にしてみるといいと思います。

 

設備や緊急時の対応の違い

レントゲンや血液検査の設備、入院の設備が充実しているかは、
診療に言った際に聞いてみたり、他の病院に通っている飼い主の方から情報を得ておくといいでしょう。

病気の時に病状が診療外の時間や休日に急変してしまう事もあります。
緊急の時にはどう対応してくれるのかも確認してください。
しっかりと時間外の連絡を受けてもらえるところや受診できるところが安心できますね!

 

信頼できるのは飼い主の立場に立ってくれる獣医さん

猫ちゃんは自分で病状を伝える事ができません
病気やけがを治すためには飼い主と獣医さんがしっかりと話し合い共同で治療をしていくしかありません。

飼い主さんの意見や気持ちをしっかりと考えてくれてしっかりとアドバイスしてくれるのが信頼のおける獣医さんになります。

診断結果や治療方針はプロに任せておけばいい・・・
素人に説明する必要はないんだ・・・
口出ししないでくれと言わんばかりの獣医さんは飼い主の事は全く考えていません。

しっかりと飼い主の方にもわかりやすく、飼い主の立場になって最善の治療を考えてくれる獣医さんを選びましょう。

 

診療結果と治療方針を見通して治療にかかる費用などもおおまかに説明してくれる獣医さんならなおいいですね!

治療費をしっかりと伝えずに治療して高額な請求でのトラブルは獣医と飼い主の間でよくあるトラブルです

予算をしっかりと伝えてくれて飼い主さんも安心して意見を言える獣医さんは信頼でいると思います。

誠意や不信感がある獣医さんだと感じたら病院を変えてみるのも猫ちゃんの為には必要です。

 

しっかりとした獣医さんをみつけるために、まず行ってみよう

ご近所さんの評判や口コミなどで獣医さんの情報を集めて良さそうな獣医さんが見つかったら、
病気やけがでお世話になる前に一度行ってみましょう!

信頼のおける獣医さんの感じ方は飼い主によって変わってくるところもありますし、
相性の問題もあります。

健康診断や予防接種、ノミ防止の薬などを買いにいって、
実際に話してみる事でいざという時に信頼できるかを判断してみたほうがいいでしょう。

 

動物病院にいくときの飼い主のポイント

飼い主もちゃんと診療に付き添いましょう
必ずケージや洗濯ネットに入れていき呼ばれるまではだしたりしない
予約時間は厳守して、時間に遅れそうなとき、キャンセルの時には必ず連絡をする
飼い主が病気やけがの知ったかぶりはしない
いつから・どこが・どういったふうにおかしいのか病気やけがの説明をしっかりできるように事前準備をする
大勢の家族で診察にはいかない
感染症の疑いがある場合は事前に連絡をする
血便などの便に異常があった時はフィルムケースなどの清潔なプラスチック容器に入れて持っていく

 

猫ちゃんの健康やしつけの診断や相談・シャンプー・グルーミングについて

健康相談

猫ちゃんが長生きする為には病気の治療ではなく食事の管理が大切になってきます。
病気の治療のための食事ではなく年齢や体格にあわせた食事管理や偏食・小食・過食などの悩みや、
運動不足などについて猫ちゃんの健康管理について相談にのってくれる獣医さんを選びたいものですね。

飼い方やしつけの相談について

室内飼いのしつけや複数飼いをする時の注意、トイレのしつけやマーキングの悩み相談など猫ちゃんの飼い方やしつけの相談にも応じてくれる獣医さんだと話しやすいですね。

シャンプー・グルーミング

病気やけがだけでなくシャンプーやグルーミングを引き受けてくれる動物病院もあります。
長い毛の猫ちゃんでなければシャンプーが必要なこともそうないと思いますが、
病院の雰囲気や先生やスタッフの感じを知りたいのであれば一度行ってみてはどうでしょうか?

 

病気やけがの際に病院にいく前にメモに準備すること

いつもの健康状態と比べて変わっているところは?
その症状がではじめたのはいつごろからか?
思い当たる原因はあるか?
飼い主で何か処置はした?
食欲と食事回数と食べたものは?
おしっこやうんちの回数は?
嘔吐はあったか?その回数は?
予防接種を受けた事があればそのワクチンの種類と時期
過去のけがや病気、持病の有無、手術歴
去勢・避妊手術の有無
薬を与えているなら薬名

 

にゃんこの予防接種

細菌には抗生物質などの薬がが有効ですが、ウィルスに効く薬はありません。
ですので、病気によって様々な症状を軽くするための対症療法をしていきます。
ウィルス性の病気にかかる前に負けない体を作っておくためにワクチンを接種して事前に体内の免疫をつけていきます。
予防接種は毎年受ける必要があり、値段は6~8000円程度が一般的です。

生後しばらくは母猫から受け継いだ免疫があるので生まれてすぐは病気にはかかりづらいくなっています。
最初の予防接種は生後3か月くらいが目安になってきます。

2回はその1ヶ月後、
その後の3回目以降は1年に1回のペースで予防接種をしておくと安心です。
3か月以降の猫ちゃんを飼った時には健康診断と予防接種をしに早めに獣医さんに連れていってあげてください。

 

3種混合ワクチン以外の予防接種

一般的には予防接種というと3種混合のワクチンの事を指しますが、
それ以外にも猫白血病ウィルス感染症とクラミジア病の5種類の混合ワクチンが存在します。

猫ウィルス性鼻気管炎

猫の鼻風邪のようなものでヘルペスウィルスが病原菌で人間にも伝染する事があります。

猫カシリウィルス感染症

猫のインフルエンザみたいなもので症状が進むと舌や口のちかくに口内炎のようなものができます。

猫汎白血球減少症

伝染性の腸炎で白血球が極端に減少して嘔吐やひどい下痢になります。

猫白血球ウィルス感染症

病気に対する抵抗力が弱って様々な病気を併発することがあり死亡率が高い病気

猫クラミジア病

症状は結膜炎、目やに、軽度の鼻水、クシャミ、せきなどだがひどくなると肺炎などを引き起こす。

郷物病院の費用や保険のこと

動物病院は基本的に自由診療なので、医療費は全額飼い主が負担します。
治療費は同じような病気の動物でも地域や動物病院によってかなりの価格差があります。
予防接種のワクチン・去勢不妊手術などに関しても同じく自由診療なので治療費は動物病院が決めます。

治療費の基準はあってないようなものなので、治療費が明確にされない場合は初診の段階で治療の方針や費用について相談してみたほうがいいです。

飼い主さんの事を考えて予算を考えながら治療の方針を考えてくれる獣医さんをしっかりと探しましょう。

例えば、1週間毎日入院したほうがいいという診断結果が出たとしても、
予算の都合で1日おきに通院にかえてくれるなどの意見や相談をしっかりときいて考えてくれるような獣医さんだと費用に関するトラブルもないでしょう。

治療費に関しては大体の予算すら聞かされていないのに後から高額な治療費を請求されたというトラブルが原因で、
病院に不信感を持ってしまう事も結構あります。

最近ではペットの保険などもありますので加入しておくといざという時に安心です。

 

ペットの保険について

ペットの保険は人間の健康保険と同じ様に、動物の病気や怪我の時の入院費・治療費・手術費などが、
決められた割合分保障されるものです。
皮膚病の一部や第三者を傷つけてしまった時に保険が適応されるタイプもあります。

注意しておきたいポイントは保険に加入している動物病院であれば保険治療が受けららますが、
保険に加入していない動物病院だった場合は全額支払った後に査定を受けてから割合の治療費が返ってくることになります。

保険に入っていれば猫ちゃんの体調がおかしいときに高額な費用の事を考えず病院に連れていけるのでいざという時に安心ですね!

 

猫ちゃんの人間ドッグ?

猫ちゃんが長生きするにつれて肥満や心臓、内臓などの病気のリスクが増してきます。

それは毎日の食生活による栄養のバランスや、運動不足、ストレスなど生活習慣と環境が原因と言えます。

人間であればおかしいと思ったら自分の言葉で説明できますが、
猫ちゃんは伝える事ができないので知らない間に体の中で病気が進行して症状がでる頃にはかなり悪い状態で発見される事もあります。

こういった猫の高年齢化の現代では人間ドッグのようにかなり細かい健康診断を行っている動物病院もあります。
高年齢のシニア猫ちゃんは受けてみるのも良いと思います。

病気の早期発見はもちろんですが、
健康診断を一度受けると健康なときのデータが残るので、
具合が悪そうなときにはそのデータと比較できて数値から病気の予測などに役立てる事ができます。

 

診断の内容は
尿検査、便検査、血液検査、心電図検査、レントゲン検査、超音波検査になります。