スーパーやドラッグストア、ペットショップなどでよく目にするキャットフードですが、
実は危険な材料が多く含まれているものがほとんどなのです

発がん性がある成分、人間が食べれなくなった食材の再利用、猫ちゃんに食欲を与えるための人工物などなど・・・
人の食事に入っていたら大問題になるような成分や原料が普通に使われています。

何も知らずに家族の一員である愛猫にそういったものを食べさせていると思ったら怖くないですか?

そこで猫ちゃんが安全・安心して食べられるキャットフードの選び方とおすすめのキャットフードを紹介します。

安全なキャットフードの選ぶ5つのポイント

 

1、主原料に肉や魚が使われているもの

まず、主原料に肉や魚が使われているものをしっかりと選びましょう。

肉や魚は本来猫が食べるべきものです。
それは胃や腸をはじめとする猫の内臓器官がしっかりと消化をして栄養を取り込むことができるからです。

逆に穀物などは本来猫が食べるべき食材ではないので内臓がうまく消化できず嘔吐や便秘・下痢などの原因になります。

野良猫で畑の穀物を食べている猫なんて見たことないですよね?

ですので、トウモロコシ・大豆・麦などの穀物類の成分が主成分のキャットフードは避けましょう。

しかし、格安の市販のドライキャットフードはほぼ穀物が主成分で作られています。

主成分の見分け方はキャットフードの成分表を見て、
一番上の左側に書かれているものになります。

そこの部分が肉や魚の表記があるようなら主成分が肉や魚ということになります。

 

2、栄養価の高いものを選ぶ

猫ちゃんにとっても栄養は大事です。しっかりと栄養のあるキャットフードを選びましょう。
キャットフードで注目するべき栄養はタンパク質・繊維・脂肪酸です。

タンパク質は体を作るための必要不可欠な成分であり、
筋肉や毛・皮膚などを健康に作るために必要な成分です。

繊維は内臓器官の働きをよくするための成分になる為、
しっかりととることで栄養素を吸収できます。

脂肪酸は猫にとって重要な成分です。
代表的なものだとオメガ脂肪酸などがありますが、
体内で作ることができないのでしっかりと食事からとることで体内に働きかけます。

栄養価の低いキャットフードばかりを食べさせていると、
病気などのリスクが高くなります。

しっかりと栄養のある食事を猫ちゃんにはさせてあげましょう!

 

3、害のある酸化防止剤が使われていない

酸化防止剤とはいわゆる添加物のことです。
酸化防止剤はほとんどのキャットフードに使われていますが、
その中でも害のあるものとそうでないものがあります。

代表的な危険な酸化防止剤とは、
BHA(ブチルヒドロキシアニソール)・BHT(ブチルヒドロキシトルエン)

上記の2つは人間の食品などにも多く使われている添加物なのですが、
BHAに関しては発がん性があると認められていて使用を禁止する話もあったのですが、
色々な問題があるとされ使用禁止にすることはできなかったので今でも普通に使われているのが現状です。

人間でも悪影響を及ぼすと認められている成分なので猫にも間違いなく悪影響を及ぼします。
愛猫ちゃんには添加物を使っていないものを食べさせてあげてください。

 

4、害のある原材料が使われていないもの

キャットフードに普通に使われている成分ですが、
普通に考えてありえない危険な成分を解説していきます。

人間の食品には危険すぎて使用が禁止されているものも含まれます。

・○○ミール

動物の肉としては4Dミートなどと呼ばれていて、

Dead(死んでいる)
Dying(死にかけ)
Diseased(病気を持っている)
Disabled(障害を持っている)

といった危険な肉のことを指し、人が口にするような食品には使われることはありません。

こちらの4Dミートは獣医さんも危険性を訴えているくらいです。

病気の肉などにはガンになった動物や狂牛病などありえない肉が普通に使われているので、
絶対に避けるべきです。

しかし低コストで作れるので安いキャットフードには普通に使われてしまっています。

成分表に○○ミールというような表記があった場合は避けましょう。

5、肉以外の成分

麦・トウモロコシ・大豆などは肉や魚に比べて低コストの原料になります。
安いキャットフードになればなるほど材料費を抑えるために使われています。

しかし、少量であれば問題はないのですが、
猫の消化器官は穀物を消化できづらい仕組みになっています。

ドライキャットフードに多く使われているので乾燥している状態です。
しかし乾燥した穀物は水を含むと膨張して膨れ上がります。

それが原因で便秘やはき戻しなどの原因になるので穀物の含有量には注意してください。

 

・人口着色料・香料は避ける

人口着色料は見た目をよくするため、
香料は匂いをキャットフードに与えて食欲を増幅させるために使われます。

「しかしなぜ、猫が食べるものなのに見た目や匂いをよくするのでしょうか?」

それは、
見た目をよくして飼い主に甘味料を使って美味しそうと思わせて、
猫ちゃんに香料で食欲を与えて食いつきをよくする為です。

猫ちゃんがよく食べて、見た目がいいと思えば、
飼い主はまた買いますよね?

それが狙いなので猫ちゃんのことは一切考えて使われていません。

しかも、香料をつけるってことは、
本来猫が食べるべきものじゃないか、猫が食いつかないほど粗悪な原料ってことです。

どう考えても安全なキャットフードではないですよね

管理人もこの事実を知ったときはちょっと怖くなりました。

 

以上、安全なキャットフードの選び方についてでした。

 

 

安全なおすすめキャットフード

 

シンプリーキャットフード

サーモン・マス・白身魚などの新鮮で良質な魚を使っているキャットフードです。
グレインフリー・無香料・無着色・無添加です。
魚が好きな猫ちゃんにおすすめのキャットフードです。

公式サイトはこちら