猫ちゃんを飼う為に必要な毎日の食事にかかるお金はできるだけ抑えたいものですよね?

そこで安くてしっかりとしているキャットフードのおすすめと選び方について詳しく解説していきます。

安いキャットフードの選び方と注意点

1、主原料に魚や肉が使われている

猫は肉食なので肉や魚などの動物性たんぱく質が主食になります。

しかし、安いキャットフードは麦、トウモロコシ、大豆などの穀物が主原料になっているものも多くあるので、
しっかりと肉が主原料に使われているものを選びましょう。

 

2、大容量のキャットフードで低価格

キャットフードに限ったことではないですが、大容量のまとめ買いをすればするほど安く購入できます。

しっかりといい原料が使われているキャットフードは高い傾向にありますがまとめ買いをすることでコストを安く抑えることができます。

複数の猫ちゃんを飼っている家庭や親戚や仲のいいご近所さんなどがいる方は特におすすめです。

※1匹しか猫を飼っていない人はキャットフードの酸化に気を付けてください。

いくら安いからといっても食べる時期が遅くなって酸化してしまったキャットフードは悪影響を及ぼしますので。

 

3、無添加・無香料・無着色

キャットフードの基準は人間の食品に比べて100倍以上基準が甘くなっています。

人間の食事には絶対に使われない添加物などが当たり前のように使われています。

しっかりと無添加のものを選んでください。

香料や着色料なども発がん性物質を含むものなどが使われているものも多々ありますので、
そういったものは避けるようにしましょう。

 

4、粗悪な原料は絶対に避ける

先ほどキャットフードの基準が甘いという話をしましたが、
添加物などに限ったことではなく原料にも粗悪なものが普通に使われています。

色々と危険な原料はあるのですが成分表に「○○ミール」という表記がある場合は絶対に避けましょう。

これは4Dミール(4Dミート)と呼ばれるもので、
死んだ動物や病気の動物、障害のある動物などの肉のことをいいます。

人間の食品には絶対に使わないように禁止がされているのですが、
ペットフードは使われています。

狂牛病などに感染している肉が普通に使われているってことです。

獣医さんも○○ミールは避けるように注意勧告していますので絶対に避けるようにしましょう。

 

安くておすすめのキャットフード

 

インスティンクティブ ウェット

猫が本能的に求める栄養バランス猫が本能的に求める最適な栄養バランス「マクロ ニュートリショナル プロファイル(MNP)」に調整
泌尿器の健康を維持泌尿器の健康を維持健康な泌尿器の維持をサポート
理想的な体重を維持/カロリーを適切に調整理想的な体重を維持/カロリーを適切に調整理想的な体重の維持をサポートするのでおすすめです。

公式サイトはこちら

 

 

 

 

毎日の食事を安くしたいのはわかりますが、
安いにこだわり過ぎて栄養が足りず病気などになってしまったら逆に高くついてしまうケースもあります。

安いキャットフードと栄養価の高いキャットフードを使い分けるのがいいかもしれませんね!